債権回収の注意点とは

商売をしている方の中には、債権の問題についてトラブルの経験がある方も多いと思います。商品を売買したり、サービスを提供した際に、即金ではなく、一定期間が過ぎてから決められた期日に代金を支払う掛売りという取引形態において、債権の未回収問題はいつでも起こりうるトラブルでもあります。「何度催促しても、一向に払ってもらえない、常に待ってくれと言われてしまう」といったように、債権回収は、債務者が支払いする意志がない、あるいは支払い能力がない場合には、支払猶予、分割払い等といった折り合いをつけたとしても、全く応じないとなると、解決が難しい場合があります。回収ができない期間が長くなると、債権者側の経営状況にも影響し、財務状況が悪化して経営危機に陥る可能性もあります。また、債権には消滅時効が決められている為、できるだけ長引かせないで、早い段階で回収することが最善策となります。予め、事前の確認を怠らないようにしましょう。

実際、会社を経営していると、請求してもお金を支払われないというトラブルは日々起こっています。この場合、待つしかない、泣き寝入りしかないという状況になることも多く、その回収対策が求められます。しかしながら、優雅に待っていて、時効がきてしまっては意味をなさなくなってしまいます。内容証明郵便を送ることで、消滅時効を中断することができますが、請求したからと言って必ず支払ってくれる保証はありません。